このクラウドファンディングは通常のものと大きな違いがあります。金銭的支援ではなく、知財であるデータの提供をお願いするものです。ご協力よろしくお願いいたします。

テーマ

自動車運転再開可否AI予測システムの開発(仮題)

クラウドファンディングの目的

 障害者や高齢者の自動車運転については社会的課題であり、自動車運転の可否について医療機関に委ねられることも少なくない。しかし、机上での検査やシミュレーションでの十分なエビデンスを得ていないのが現状である。また、医療機関においてもすべての施設でシミュレーションがあるわけではなくアセスメントに多大な時間と労力を要している。 

そこで、AIを用いて、簡便に判定し、且つどこに課題があるのかを分析させる方法を検討し、その結果を元に医療機関での訓練などに有効に活用することを目的に匿名加工情報の提供をお願いしたい。

分析には、人工知能の教師あり学習によるニューラルネットワークを用い、最低100名以上のデータが必要となります。データが多いほど判定制度は向上する分析となります。

一施設の分析では、結果にバイアスがかかることから多施設から情報提供をお願いしたいと考えております。

ご協力よろしくお願いいたします。

用語の説明

匿名加工情報とは

措置を講じて特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元することができないようにしたもの

データの送付について懸念されることとして、個人情報保護についてどうなのか?

個人情報保護法の改正に伴う研究倫理指針の改正に伴って、情報提供について緩和されております。

「保有している既存試料・情報を用いて研究する場合又は他機関に既存試料・情 報を提供する場合であって、研究対象者等からインフォームド・コンセントを受けることが困難な場合(自機関の既存情報のみを用いる場合は必ずしもインフォームド・コンセントは要さず)には、匿名加工情報又は非識別加工情報を作成して利用又は他機関への提供を可能とした。 」

−引用−

個人情報保護法の改正に伴う研究倫理指針の改正について(平成29年)

提供していただきたい情報(匿名加工情報したものに限る)

・2名以上の提供 

お預かりした匿名化データは更に、シャッフルして誰が提供したものかわからなくします。

Google Formに入力項目を記載(名前、イニシャル、ID等を入力することはありません) 

送信者の名前の入力もありません。

・概ね過去2年以内に自動車運転評価を行い運転再開の可否判定を行った方。運転再開が困難であった方のデータも可能です。

・47項目ありますが、入力可能なところのみ入力してください。

リターンはなにか?データを提供することで何が得られるの?

6ヶ月のAIが判定した運転再開の可否及び運転可にするための課題を提供

リターンの方法:分析終了後に、データを提供していただいた方に入力フォームのURLを送ります。そちらに新規データを入力してもらうとAIが予測した結果とAIが予測した課題となっている項目を返送させていただきます。リハビリテーションアプローチの指標となります。

例)AIが予測した運転再開の確率                再開の確率51.7%  中止の確率48.2%

AIが予測したアプローチすべき課題の列挙            (再開可能性(確率)を上げるための項目の列挙)        選択性注意反応時間、単純反応時間 など

データの提供方法はどうするの?

Google フォームへの必要事項の入力

入力の際、所属施設のメールアドレスは使用しないで下さい。(匿名化を図るため)

メールアドレスは結果及びリータンの連絡をさせていただく時に使用させていただきます。

解析はどうやって行うの?

人工知能の教師あり学習によるニューラルネットワークを用います。

データが100件を超えた時点で解析が可能となります。

100件を超えた時点で、メールにてご連絡させていただき進捗状況をお伝えいたします。

結果の取り扱いは?

結果について関連学会等で発表させていただきます。

ご協力いただける方は下記のURLより登録をお願いいたします。    

データの登録はこちらから

データ登録期間:2020年2月29日→ 期間延長 2020年4月30日