農業とリハビリテショーン。6次産業化が進めらている中,現実的に生産から加工まで難しい側面を持っています。また農業生産者の高齢化も進み障がい者の農業分野での雇用や福祉施設で農業を始める事業所も増えつつあります。リハビリテーションでは,古くから精神領域での活用がされていたり,高齢者の領域で園芸療法としておこなっていたりと農業との接点は深い。

農業とは、園芸を営利的に行い、これによって生計を立てる事をいう。広義では、農作物を作る事だけではなく、家畜等を飼育販売することや、林業なども農業の中に含まれている。

 

 農業でリハビリテーション。「営利的に且つ,生計を立てる」課題は大きですね。リハ=治療,農業=一人区の仕事を要求される。成り立ちますか。

農✕リハビリテーション(Agri-ha)

働き方を変えてみませんか。農業の繁忙期にちょっと働く。農業の一部分だけ働く。リ・デザインしてみませんか。 多品種少生産,経済的にみて非効率。そこをリハ視点から分析しリハビリテーションに活用。手間ひまかけて育てた野菜はさらにおいしい。

非効率な生産性<リハビリテーション効果大

トレイドオフによる効果を労働に活用できないでしょうか。