自動車運転免許の保持率が人口の70%を超える運転社会日本。障がい者にとって移動手段の喪失はライフラインの確保が困難であったり,就職や再雇用に対して不利益をこうむることが多い。

高齢者の自動車運転による交通事故がメディアで取り上げられることが多くなり,合わせて障がい者運転に関しても関心が高まりつつある。

現状では自動車運転支援については慎重にならざる終えない。障がいの有無を問わず,自動車運転をすることによってリスクは回避できない。よってゼロリスクはありえない。如何にリスクを軽減するかを念頭において支援していく必要性があリます。そこで障がいをお持ちで自動車運転を再開したい方は改めて運転訓練をしてみませんか。(※訓練実施には主治医や関係機関の承認等必要になります)

・障がい者の自動車運転支援 

脳損傷(脳血管障害,脳外傷など)後の後遺症で自動車運転を再開したい方

作業療法士と自動車教習指導員が自動車運転再開に向けて認知・実車訓練を訪問にて行います。


セラピストの方へ

病院では対応が困難な場合など自動車運転評価のみでも実施いたします。

作業療法士,自動車指導教習指導員が丁寧に対応いたします。

障がいをお持ちの方へ

まずは主治医及び担当セラピストにご相談ください。

運転再開には公安委員会の許可が必要になります。公安委員会への書類作成にあたり意見書は医師が記載することになっております。プログラム実施にあたり病院との連携を図って実施していきます。

医療保険適応外での訓練になります。プラン及び費用についてはお問い合わせください。

訓練終了後に主治医への報告書を作成いたします。

【料金プラン】 

50分 ¥5,900+税  (遠方の場合:交通費実費負担要)

自動車運転評価のみのプラン ¥10,800+税 〜

自動車運訓練を含むプラン  ¥47,200+税 〜

対象地域:愛知,静岡,三重,岐阜 (要相談)